新着情報

避難方法~自宅待避・垂直避難編~

 
 
避難とは、必ずしも避難所へ逃げることではありません。新型コロナウイルスの感染拡大が懸念される今、避難所以外で安全を確保する方法とは…?
 
これからも、新型コロナウイルス感染防止に努めていく必要があります。そんな中、まもなく迎える梅雨前線や台風など本格的な雨のシーズンに備えて、台風や大雨で災害が発生するおそれがある場合の発災前の避難について考えていきます。
 
災害発生の危険性が高まり、自治体から避難準備や避難勧告、避難指示が発令された場合は、どんな状況下でも、命を守る行動を最優先にしてください。ですが、必ずしも「避難=定められた避難所(指定避難所)へ逃げること」ではありません。「難を逃れるための安全確保」と考えてください。
 
指定避難所は、本当に避難しないと危険な方のために開設されます。また、自宅のある場所の危険度によっては、屋外への避難をせず、自宅等で待避するということも、避難行動の選択肢の一つです。特に、現在のように感染症が流行しているような状況下では、感染拡大を防ぐため、いつも以上に避難の必要性について考える必要があります。
 
台風や大雨による浸水(洪水、内水など)や土砂災害は、ハザードマップから想定される浸水区域や浸水深、土砂災害警戒地域などを確認することで、事前避難の検討が可能です。
 
・危険地域の外なら、自宅で安全確保(自宅待避)。
ハザードマップ等から、自宅避難が必要な場所なのかを把握し、被災のおそれが小さい場所に住んでいる方は、自宅の中の「より安全」な場所で待機して安全を確保(自宅待避)してください。
ただし危険な地域として指定されていなくても、周辺よりも低い土地であったり、近くに崖や斜面、沢があり、降雨等の状況に異常さを感じ、浸水や土砂災害により被災する懸念が生ずる場合には、自治体の情報なども参考にして避難の検討をしてください。
 
・頑丈なマンションなどなら自宅待避や垂直避難。~垂直非難も安全な場合があります。
想定浸水区域の中であっても、想定される浸水深よりも上の階に住んでいる場合は、自宅で安全を確保することも可能です。また、マンションなどの下層階に住んでいる方は、想定浸水深上の階に避難する「垂直避難」も有効です。
ただし、身体や建物が無事でも、周囲が浸水によって被災し、ライフラインが途絶えたり、食料の入手が困難になったりする可能性があるため、万が一でも数日間生活ができるよう「水や食料の備蓄ができていること」が条件になります。
 
土砂災害についても、災害の危険性がある地域でも、頑丈なマンションなどの上層階に住んでいる場合は自宅での安全確保、または上層階に避難が可能な場合は垂直避難の検討が可能です。一方で、建物は大丈夫でも、1~2階の場合は、窓やドアから土砂が流入して被災する危険性があります。
 
これらは従来、屋外に避難する方が危険な場合の避難方法として推奨されていますが、新型コロナウイルスの感染拡大が懸念されている今のような状況では、より現実的な避難の選択肢になり得るでしょう。
 
 
・立ち退き避難は「指定避難所」以外への避難も~避難先を分散して「3密」を避けよう。
想定浸水区域の中であっても、想定される浸水深よりも上の階に住んでいる場合は、自宅で安全を確保することも可能です。また、マンションなどの下層階に住んでいる方は、想定浸水深上の階に避難する「垂直避難」も有効です。
ただし、身体や建物が無事でも、周囲が浸水によって被災し、ライフラインが途絶えたり、食料の入手が困難になったりする可能性があるため、万が一でも数日間生活ができるよう「水や食料の備蓄ができていること」が条件になります。
 
土砂災害についても、災害の危険性がある地域でも、頑丈なマンションなどの上層階に住んでいる場合は自宅での安全確保、または上層階に避難が可能な場合は垂直避難の検討が可能です。一方で、建物は大丈夫でも、1~2階の場合は、窓やドアから土砂が流入して被災する危険性があります。
 
これらは従来、屋外に避難する方が危険な場合の避難方法として推奨されていますが、新型コロナウイルスの感染拡大が懸念されている今のような状況では、より現実的な避難の選択肢になり得るでしょう。
 
 
感染症と自然災害 大事なのはそれぞれのリスクを知っておくことです。
感染症が流行しているような状況下では、避難所に避難した場合の自身と周囲に対する感染リスクの大きさと、自然災害によるリスクの大きさ、および指定避難所に行く以外の避難方法によるリスクの低減度合いを、それぞれ天秤に掛けて行動を決定する必要があります。
もし、避難行動方法について事前の検討をしていない状況で災害の直前あるいは最中に避難情報が伝わった場合、”感染が怖いから”という理由だけで、本来必須であったはずの避難行動を躊躇(ちゅうちょ)させてしまう可能性は大いにあります。
平常時から、もしくは避難を伴う災害が発生しそうな状況の極力時間的余裕がある段階で、事前に避難方法に選択肢があることを知っておき、当該災害に対する避難の必要性の有無について確認しておくことが重要です。
 
緊急時に新型コロナウイルスの感染拡大をおそれて、必要な避難を躊躇(ちゅうちょ)してしまうことだけは避けてください。事前に避難の必要性を判断できる方法を知っておけば、いざという時の行動にも違いが出るでしょう。
 

避難方法~ハザードマップ編~

 
 
「もしも今災害が起きたら?」新型コロナウイルスの感染拡大が懸念される今だからこそ、いざという時の避難方法について考え、しっかりと備えをしておきましょう。
 
あなたは、ハザードマップを見たことがありますか?そして、ハザードマップで何がわかるか、知っていますか?
ハザードマップで確認できることは一つではありません。そして、自然災害にもいろいろありますから、その種類も一つではありません。
 
自治体によって対象となる自然災害が異なるため、ハザードマップの種類も異なります。
例えば、洪水、土砂災害、地震、のハザードマップが、それぞれ作成されています。
また、洪水と内水を合わせた「水害ハザードマップ」などとしている自治体もあります。
 
ハザードマップからは、土砂災害警戒区域や浸水想定区域、浸水深などの様々な危険度を確認することができます。災害時に自分がどのような避難行動を取るべきか、平常時に各種災害のハザードマップなどを確認して、家族でシミュレーションしておくことが大切です。
 
① あなたの家の災害種類ごとの危険度をチェック。~自分の家の近くに潜む災害をチェック!~
ハザードマップでは、自分の住んでいる場所が災害による危険がある場所か=避難が必要かどうかを事前に把握しておきましょう。
洪水、地震、土砂災害、など、自然災害の種類ごとに、危険な地域が異なります。必ず災害の種類ごとに確認しましょう。
事前に避難が必要な場所がどうかを把握しておけば、万が一の場合、「避難所へ行くべきか、自宅に留まるべきか」を判断する心構えができます。
感染病が流行している状況下では、当該災害による危険度が小さく避難の必要性がない方が避難所へ避難することで、感染が拡大してしまうおそれがあります。お互いが感染しない、感染させないよう、いつも以上に、自身の避難行動についてしっかり考えておくことが大切です。
 
② 最寄りの避難場所や避難所をチェック。~避難場所等に関するマークをチェック!
ハザードマップで、自宅周辺の避難先を確認しましょう。いざ避難勧告が出てから避難先を確認しようとしても、防災無線がよく聞こえなかったり、インターネットが繋がりにくかったりして、すぐに確認ができない可能性があります。いざという時、パニックにならないよう、どんな時に、どこへ避難したらよいのかを事前に知っておきましょう。
 
避難先を確認する際のチェックポイントは、避難場所等の種類と、災害の種類による違いです。
まずは、避難場所等の種類について、「避難場所」と「避難所」の違い…。
 
・避難場所(指定緊急避難場所)・・切迫した災害の危険から逃れるために、緊急で避難する場所。(地震や大規模火災が発生した場合に避難する大規模な公園などの「広域避難場所」、津波から逃れるための「津波避難ビル(津波避難場所)」など、さらに名称を分けて設定している自治体もあります。)→つまり、身を守るために避難する場所です。
 
・避難所(指定避難所)
災害の危険性があり避難した人が、災害の危険性がなくなるまで必要な期間滞在、または災害により自宅へ戻れなくなった人が一時的に滞在し、生活環境を確保する場所。→つまり、避難生活を送る施設。(ただし、避難場所と避難所を兼ねている施設もあります)。
 
災害が目の前に迫り、緊急で避難するべきは「避難場所」ということになります。勘違いをしていないか、もう一度最寄りの「避難場所」と「避難所」を確認してみましょう。
 
さらに、洪水、土砂災害、地震、など災害の種類によって、避難場所は異なります。各避難場所では、どの災害に対応しているかが表示されています。一つの避難先を確認しただけで安心せず、必ず、想定される災害ごとに、避難場所を確認しましょう。
 
③ 安全な避難経路をチェック(避難路に潜む危険を確認)。~避難経路を考えたときにチェックすべき危険ポイント!
災害の種類ごとの避難場所や避難所を確認したら、そこまでの経路も確認しましょう。いつも通っている道や最短ルートが、必ずしも災害時、安全であるとは言えません。複数の避難経路を想定しておきましょう。
 
例えば大雨の時、河川に近い道は、河川氾濫により浸水する恐れがありますし、斜面やその近くを通る道は土砂災害の恐れがあります。また、舗装された道路に覆われた都市部では、下水道や排水溝の処理が間に合わずマンホールなどから水があふれだす内水氾濫や、周囲より低くなっている土地や、アンダーパスを通るルートは危険なため、避難の際、避けるべき経路になります。
 
避難所まで向かう道に、家の危険度のチェックと同じように、避難経路上にハザードマップの危険エリアがないかを確認するとともに、以下のような場所がないかを確認してみましょう。
<避けるべき避難経路のチェックポイント>
・河川や海岸沿い、・アンダーパスや低い土地、・崖や急斜面・レンガやブロック・コンクリート塀、・ガラス張りのビル、・大きな看板、・自動販売機など(災害の種類によってチェックポイントは異なります)。安全に避難場所まで行くことのできる経路を、普段からシミュレーションしておきましょう。
 
ハザードマップの入手方法は、各自治体のホームページで公開されている場合や、自宅に配布されている場合、役場で配布している場合など、自治体によって異なります。ご自身の自治体の配布方法は、各自治体のホームページ等で確認してください。また、通常役場で配布している自治体の場合、入手方法が変更となっている可能性がありますので注意してください。
 
また、国土交通省の「ハザードマップ・ポータルサイト」で、全国数多くの自治体のハザードマップを、災害の種類ごとに閲覧することができます。
 
今この画面を、パソコンやスマートフォンで見ている方は、さっそく「ハザードマップ」で検索してみてください。家でインターネットや本を見ながら過ごす時間を、あなた自身のために、あなたの家族のために、少しだけ、ハザードマップを見る時間に使ってみませんか…。
 

避難方法~在宅避難・避難所編~

 
 
避難所での感染リスクを避けるため、避難所以外の選択肢は?そして、避難所での注意点…?
 
3密を避けるため「避難所」以外も検討を…。
 
避難生活場所の選択肢
・在宅非難(居住の継続が出来て、住み慣れた自宅で)
・自主避難先(近くの安全な親せきや知人の家など)
・指定避難所(自治体により指定された施設)
 
万が一、地震や津波、水害などが発生して被災した場合、避難生活を送る場所の選択肢は、定められた避難所(指定避難所)だけではありません。
 
災害発生後、避難所は、あくまで被災して自宅での生活が困難な人々のために開設されるものであり、また、避難所に行けば必ず安心というわけでもありません。
 
避難所は共同生活のため、プライバシーを守ることも難しく、居住スペースや物資にも限りがあり、決して良好な環境とは限らないため、逆にストレスなどで体調を崩してしまうこともあります。
さらに、避難所では密閉・密集・密接のいわゆる3密に近い状態となる可能性があり、新型コロナウイルスなどの感染症が蔓延している状況では、感染のリスクが高まるおそれがあります。
 
こうした点から、発災後における「避難所」以外の避難先について考えてみましょう。
 
避難先 ➀ 家が無事なら「在宅避難」
災害の余波に対しても自宅の安全確保が十分想定できて、居住の継続ができる状況であれば、住み慣れた自宅での生活を続ける「在宅避難」という選択肢も視野に入れておきましょう。ただし、在宅避難のためには「事前の備え」が必要です。
 
大規模な災害が発生すると、建物が無事であっても、ライフラインが停止し、食料や日用品の調達も不可能になることが想定されます。
各ライフラインの復旧目標日数は、電気で6日、上水道で30日、ガスで55日となっています。それぞれのライフラインに対しての備えをしておきましょう。
 
また、これからの季節、暑さによる熱中症対策も必要になってきます。猛暑の中、停電でエアコンが使えなくなることも考えると、乾電池式の携帯型扇風機やうちわなども用意しておくと良いでしょう。
 
そして食料も、道路の復旧や救援物資が届くまでの最低3日分(できれば1週間分)が必要です。飲料水や缶詰、レトルト食品、栄養補助食品などの食料を備えておきましょう。ライフライン同様、夏場は熱中症予防を考えて、飲料水や塩分の接種がしやすい食料を少し多めにすると良いでしょう。
 
ここで気になるのが「備蓄」。「備蓄」というと、買いだめにつながるのではないかということですが、普段から少し多めに食材、加工品を買っておき、使ったら使った分だけ新しく買い足していきながら、常に一定量の食料を家に備蓄しておく「ローリングストック」をぜひ心掛けてください。ローリングストックのポイントは、日常生活で消費しながら備蓄することです。
 
新型コロナウイルスの感染拡大に伴う外出自粛を背景に、スーパーでの買いだめ・買い占めの問題から、必要以上の食料品や生活用品の購入は控えるべきですが、日常の中に備蓄を上手に取り込めば、過度な買いだめ・買い占めは回避することができます。
 
 
避難先 ➁ 近くの親戚や知人の家などへ「自主避難」。
自宅外に避難する場合、安全が確保できる場所であれば、避難所でなくても問題ありません。避難所における3密を回避するため、あらかじめ、より安全な近くの親戚や知人の家などを自主避難先としてお願いしておくなど、なるべく避難先を分散できるようにしておくと安心です。
 
「避難所」では、感染症予防の徹底を…。
避難所など多くの人が避難してくる場所に避難する場合は、感染症予防のため、以下のような点に注意しましょう。
 
・持ち物
非常用持ち出し品としてマスク(ない場合は口や鼻を覆うハンカチやティッシュ)、アルコール消毒液またはウェットティッシュ、体温計を持っていきましょう。
 
・検温と体調管理
避難所に入る前と、避難所に入ってからの毎日の検温を行いましょう。発熱やせきなど体調に異変がある場合は必ず避難所の運営者等に申し出てください。
 
・手洗いと咳エチケット
避難所では「自分がかからない」「他人にうつさない」よう、手洗い、咳エチケットを徹底しましょう。できる限り、こまめな手洗い、消毒を心掛けてください。
 
避難中の熱中症に注意!
さらに、避難所に限らず在宅避難や自主避難先の場合も含めての注意点ですが、これからの季節は、避難中の熱中症にも注意が必要です。
今年は長期の外出自粛により、体が暑さに慣れる「暑熱順化」が遅れているため、例年以上に熱中症にかかりやすくなるおそれがあります。熱中症により基礎体力が衰えると、ウィルス感染者の重症化のリスクも高まります。
「喉が渇いた」と感じる前にこまめな水分補給と塩分の補給、吸湿性や通気性の良い衣服を着用するなど心掛けてください。