新着情報

『秋の夜幻想的な光で彩る』『手作りマスク展示』他

2020.10.09
秋の夜 幻想的な光で彩る
加美町薬莱山麓のやくらいガーデンで7日夜、イルミネーションイベント「星あかり」(10日~11月23日)の試験点灯があり、園内は幻想的な光で彩られた。今月11日には星空観望やナイトハイクを楽しむ「やくらいシアター」も実施される。季節の花が咲き誇る園内は、日没とともに夜の装いへ。芝生広場いっぱいに「星」をイメージした青いLED電球がきらめく。リピーターにも新鮮さを感じてもらおうと、今回からレイアウトを変更。結婚式用チャペルや歩道沿いの樹木もライトアップされ、「インスタ映え」スポットとして話題になりそう。
手作りマスク展示
手作りマスクを紹介する「みんなのマスク展」が、大崎市古川長岡地区公民館で開かれている。さまざまなデザインや素材を使用した製作者自慢のオリジナルマスクが披露され、訪れる人の目を引いている。11月5日まで。マスク展は、新しい生活様式の中で欠かせないマスクに関心を持ってもらうとともに、コロナ自粛による「おうち時間」を利用したものづくりの成果を発表する場を設けようと、同公民館が企画。市内を中心に出展者を募集した。展示されているマスクは約100点。かすりの着物地や綿、毛糸など素材はさまざま。柄も無地や花柄、人気キャラクターのイラストなど変化に富んでいる。
PCR検査可能に
大崎市は、新型コロナウイルスのPCR検査を行う「大崎市地域外来・検査センター」を13日に古川地域内へ開設する。県内では栗原市医師会が運営するセンターに次ぎ2番目、市町村が運営するものでは初の設置となる。伊藤康志市長が7日の定例会見で発表した。同センターは、感染者を早期に発見して感染拡大を防止することを目的に、県からの委託で設置する。県大崎保健所管内3医師会(大崎市、加美郡、遠田郡)の協力を得る。

2人優勝し1人3位に
東北ボクシング連盟主催の「2020東北アンダージュニア王座決定戦」が9月26・27の両日、青森県・チャンプスポーツボクシングクラブで開かれ、古川リバーサイドボクシングジム(大崎市古川李埣)所属の菅原勇風選手(12)=古川第三小6年=と門間琢未選手(15)=古川中3年=が優勝し、佐々木優賢選手(13)=古川中1年=が3位に入賞する活躍を見せた。

古小タイガース優勝
大崎市古川の少年野球チーム・古小タイガースは、3、4日に秋田県仙北市で行われた「第18回東北学童軟式野球新人大会」(東北軟式野球連盟主催)で準優勝に輝いた。みちのくの王者を争う5年生以下の大会で、試合は七回制で実施。東北6県の代表に前年度優勝、開催地の2枠を加えた計8チームが出場し、トーナメントで優勝を争った。

河川への油流出防げ
河川、水路などへの油流出事故発生に備えた「水質事故対応講習会」が6日、大崎市鹿島台の鎌田記念ホール駐車場などで開かれた。北上川下流河川事務所、県、関係河川流域の市町村、維持業者など約100人が出席し、拡散を防ぐためのオイルフェンスの設置方法などを学んだ。暖房などで灯油や重油を使う機会が増えるのを前に、流出事故が起きた場合でもスムーズに対応できるようにしようと、「北上川水系水質汚濁対策連絡協議会下流支局」や「江合川及び鳴瀬川水系水質汚濁対策連絡協議会」の構成機関と業者を対象に毎年実施している。

二階堂クッキー完成
大崎市三本木生まれで「日本女子体育の母」として知られる、二階堂トクヨ(1880~1941年)の肖像を表にプリントしたクッキーが完成した。10日に地元の老舗菓子製造販売店「大正堂」で発売される。二階堂は日本女子体育大(東京都)の創設者で、生誕140周年をことし迎える。そこで二階堂の功績を多くの人に広めようと、クッキーを開発した。

工藤さん総務大臣表彰
【栗原支局】総務省は、行政週間(本年度は10月19~25日)に先立ち、2020年度総務大臣表彰を受ける行政相談委員を発表した。栗原市の工藤勝徳さん(80)が県北部でただ一人、表彰を受ける。工藤さんは、栗原市が誕生した2005年4月に同委員を委嘱され、15年半務めている。毎月1回、市瀬峰保健センターに行政相談所を開設して市民の相談に応じている。また、市内にあるショッピングセンターの協力で、同市の委員9人とともに行政相談改善事例パネル展を開いたり、特設相談所を開設したりするなど精力的に活動している。

本番さながら模擬面接
【栗原支局】築館ロータリークラブは3日、高校生を対象に就職試験を想定した模擬面接を栗原市築館の「ホテルグランドプラザ浦島」で実施した。築館高と一迫商業高で就職を希望する3年生47人が参加し、本番さながらの雰囲気に緊張しながら臨んでいた。社会人として羽ばたこうとする高校生を支援しようと職業奉仕委員会を中心に継続し、ことし30回目。人事や経営の経験が豊富な会員が面接官役を務め、例年ほぼ全ての参加生徒が就職を決めている。