新着情報

『和菓子甲子園決勝へ』『秋の行楽 安全運転で』他

2020.09.28
「和菓子甲子園」決勝へ
高校生が創作和菓子の技術を競う「第11回全国和菓子甲子園」(全国菓子工業組合連合会青年部主催)の決勝戦に、古川学園高が2年連続で進出する。決勝戦に挑むのは、普通科総合コースパティシエ系列3年の佐藤莉音さん(18)と小山夕愛さん(17)ペア。全国24校61点が寄せられた予選ブロックを突破し、北海道・東北ブロック代表2校のうちの1校に選ばれた。決勝戦は8月に開かれる予定だったが、新型コロナウイルスの影響で10月21日に延期された。審査方法も、会場で一斉に作る形式から、郵送された作品と創作工程を撮影した動画などから審査員が評価する形式に変更となった。同校は昨年、パティシエ系列のペアが同大会に初出場し初優勝した。先輩の姿を見ていた2人は、出場を決意。佐藤さんは「先輩たちのように県代表として頑張りたい。優勝したい」、小山さんは「小学校からの夢、パティシエになるためにも優勝して自信をつけたい」と意気込む。
秋の行楽 安全運転で
秋の交通安全運動に合わせて、県警高速隊と古川署、NEXCO仙台管理事務所、交通安全団体は26日、大崎市古川の東北自動車道上り長者原サービスエリア(SA)でキャンペーンを展開した。隊員ら約10人が同SA内の展望広場にのぼりを掲げ、ドライバーに一層の安全運転を呼び掛けた。会場には白バイとパトカーを展示。訪れた家族連れが乗車体験し、記念写真を撮るなどして楽しんだ。交通安全運動期間中は、広場内を回遊する自動芝刈り機「かるすぺ君」に旗やステッカーを装着し、安全運転の広報啓発を行うという。

古川学園 東北大会逃す
第73回秋季東北地区高校野球県大会の3位決定戦が27日、楽天生命パーク宮城(仙台市)で行われた。古川学園は4─8で柴田に敗れ、2011年以来9年ぶりとなる東北大会出場はならなかった。

古川学園 決勝進出ならず
第73回秋季東北地区高校野球県大会は11日目の26日、準決勝2試合を楽天生命パーク宮城(仙台市)で行った。古川学園は1─2で東北にサヨナラ負けを喫し、2011年以来9年ぶりの決勝進出はならなかった。27日の3位決定戦に回り、東北大会出場を懸けて柴田と戦う。古川学園は七回、4番鈴木の二塁打を皮切りに相手のボークで1点を先制したが、裏の守備で適時打を浴びて追いつかれた。九回裏は先頭の四球から二死一、二塁とされると、右前打で二走の生還を許し、強豪私学相手の接戦を落とした。

安全運転で「無事カエル」
安全運転で「無事カエル(帰る)」─。加美農業高家庭クラブの生徒たちが23日朝、色麻町内で街頭に立ち、お手製のカエル型マスコットを通行車両に配った。「秋の交通安全県民総ぐるみ運動」(21~30日)に向けて150個製作した。手のひらサイズで、フロントガラスの内側に張り付けるための吸盤付き。四つ葉のクローバーを両手で抱えるカエルの姿を折り紙であしらった。コミカルで優しげな表情は、どことなく「事故に注意してケロ」と語り掛けているよう。

古小タイガース優勝
大崎市古川の少年野球チーム・古小タイガースは、9月13、19日に楽天イーグルス大衡球場(大衡村)で行われた「第18回県学童新人軟式野球大会」(県野球連盟主催)で優勝した。東北学童軟式野球新人大会(10月3、4日、秋田県仙北市)の予選を兼ねた大会で、古小タイガースは宮城代表として出場する。5年生以下の大会で、試合は七回制で実施。県内のブロックごとの予選会で選出された5チームがトーナメントで優勝を争った。決勝は、同じ古川の大崎ジュニアドラゴンに7─6で逆転サヨナラ勝ち。4点ビハインドで迎えた最終回、二死走者なしから連打や四球でつなぎ、最後は佐々木蓮君(4年)のサヨナラ適時打で劇的な優勝を飾った。

被災地の防犯いち早く
【黒川支局】大郷町は25日、県警備業協会(仙台市泉区)と協定を結んだ。台風や地震などの災害発生時はいち早く被災地の警備業務に当たってもらい、住民避難中の盗難や交通渋滞などを防ぐ。県警備業協会が自治体と協定を結ぶのは今回が初めてで、今後はほかの自治体にも広めたい考え。

ステージで演奏 夢かなう
【栗原支局】栗原市若柳中吹奏楽部「3年生引退コンサート~ありがとう あなたへ~」が22日、市若柳総合文化センターで開かれた。新型コロナウイルスの影響で一度は閉ざされた、舞台で演奏する夢がかなった特別な一日。感染防止対策を行ったうえで、部員23人にとって生涯忘れられないステージとなった。

「ペッパー」で防災授業
【黒川支局】ソフトバンクの人型ロボット「ペッパー」を使った防災授業が23日、大和町の鶴巣小であった。エフエム仙台が県内の小学5年生向けに配布している「サバ・メシ防災ハンドブック」をもとにソフトバンクがプログラムしたもので、授業で使うのは今回が初めて。ペッパーから地震のときは川や工場に近づかないよう教わると、子どもたちは注目して学んでいた