新着情報

古川駅周辺をきれいに

2020.09.08

古川たばこ販売協同組合は4日、JR古川駅周辺の清掃活動を行った。
組合加盟店や事務局職員、大崎市税務課職員など14人が参加し、駅前をきれいにした。
例年は、全国たばこ販売協同組合連合会が提唱する「全国統一美化週間」(5月30日~6月5日)に実施している。ことしは新型コロナウイルスの影響で同週間に行うことは見送り、約3カ月遅れでの実施となった。
駅舎周辺の歩道を中心に、バス待合所や駅東側の駐輪場、近くの古川駅前交番前や公園などを手分けして歩き、マナーの悪い一部の喫煙者が捨てたとみられる吸い殻や紙くず、空き缶、ペットボトルなどを拾い集めた。
作業開始直前から小雨が降り始めたが、参加者たちは黙々とごみ拾いに精を出した。