春は田んぼの季節です~山間部の稲作~

春は田んぼの季節です~山間部の稲作~

放送日記

2週続けての農作業です。
一族郎党総出動にて一気にやらなくちゃならない大作業。


あまり役に立ちませんが、私も出動でございます(笑)

一般的なイメージとして、田植えが大変だろう?etcございますが、
その前段階で、苗を植える以前に「育苗」が必要で、そもそも「種まき」が必須なわけです。これが結構大変でもあります。

昨年に比べて、1週目は天気も良く結構スムーズに進みました。
去年は雨降りのなか強行突破だったので、本音でかなり大変でした(笑)

今年は天気が良いなぁ~楽ちん!と喜んでいた今週。

朝っぱらからちょっと強めの地震がありました。
強めの地震が来ると、不思議と天候が急変することが多いですよね。

で。。。

まずは暴風、あられ(霰)そして豪雨 !
山間部で今の季節に暴風雨になると、山の尾根の雪解けが促進され、言わば冷風が降りてくるわけです。そして雨。。。身体は冷え冷えになる。

大崎市西部、強風注意報。。。(ネット気象情報)
うんにゃ。。。それどころじゃないんだけどなぁ・・・と。
文字通り雨あられの状況なわけです。

水に浸して発芽促進した種もみを水桶から引き揚げ、脱水して絶妙のバランスで苗床に蒔く必要もあり、かつ下土および種の上に振りかける上土の湿度も同じく。。。です。かつ、雨に濡れると機械が目詰まりを起こしてしまう事も。雨除けに用いていたブルーシートは暴風に破られ、稲床用の土バッグを運んだり吊り下げたりするフォークリフトも一旦不調で、結構ひやひやの状況ですが、なんとか無事終了。

苗床総数3200枚++無事完了♬

昨年よりは大分楽でしたが、最終日雨に降られてやっぱり大変でした。

身体って不思議なのですが、良い天候のときの重作業よりも、悪天候の下の軽作業のほうが、身体に堪えたりします。やっぱり何事でも身体を冷やすこと、最もしんどいですね。

農業はギャンブル。。。これを知って欲しい部分もあります。

下手をして、やもすれば、とてつもなく苦しい結果になることもあるのです。なんせ自然相手の仕事です。農業に興味があって入植をする人々も結構おりますが、その殆どがギブアップしてしまう理由は、ある種の意識とファンタジーに包まれたイメージとの大きな隔たりと、現実的な収益性だったり、労働力に対する収入という点でも、これも大きな隔たりがあるからだと思います。

農業は文化であり、歴史を伴った技であり、かつリスクの大きなビジネスであるということ。現実はイメージとは十倍はかけ離れていると思うのです。

だからこそ、素晴らしい仕事。
一族郎党で「ご苦労!」と美味しいご飯にて打ち上げ。

先週先に蒔いた種が萌え、順調に青々と!うれしい瞬間です。


社会をあげて、この素晴らしい仕事を支えて行くべきだと思います。

と、社会派っぽい〆になってしまいましたが (笑)

心身共に疲れますが、やっぱり素敵ですよ。


コメント

タイトルとURLをコピーしました