心に響く名刺~生まれて初めての経験~

心に響く名刺~生まれて初めての経験~

放送日記

先日は新たな取り組みの為、演劇界の方々と打ち合わせておりました。
その中で、日ごろお世話になっている団長さんから私自身を紹介して頂いたのですが、その中で

「この人、蝶々を育てているんだよ」

私自身も大好きなクロアゲハやカラスアゲハたちとの生活等々を話し、和やかな打ち合わせとなりました。

男優さんから名刺を頂き、その名刺がとても素敵な切り絵細工になっていて、それも全て文様も色も様々。。。ひとつひとつ手作りだそうです。

この世に1枚しか存在しない名刺。。。

なのですよね、私が頂いたものも。これは心底驚きました。

こんなに素敵な発想で生きてる方が居るのだなぁ。。。と、

とても魅力的でした。

デモ録音を聴いているあいだ、帰り際に。

見事な切り絵。美しく繊細で。。。現物は写真以上に生き生きとしています。

ほんの1分ばかりの「間」に、さっと切り出して渡してくれたのです。

久しぶりに、心底粋な人だなぁ。。。と思いました。

今の世の中、自分を含め、この「粋」という心配りが出来る人が本当に減ったように思えます。心が洗われました。感動です。

芸術とは、こういう事なのかな?

そんな事を考えながら、ある種の汚れに染まってしまった自分自身を考えてしまいました。

クロアゲハ
山の宝石 カラスアゲハです。
羽化したばかりのカラスアゲハ。横にも印象深い表情があります。


アゲハたちの羽化は順調に進み、今朝で10頭を数えました。
毎朝が楽しみなのです。天気が良い朝を選んで、自然へ帰しています。


50をゆうに超えた現在、また新しい事々が見える日々が続きます。

粋に生きるとは?

放送事業というフィルターで見つめているなか、
作為的な物事以上に、純粋な事に向き合う事が最も大事だな?と

何かを気づき始めています。



コメント

タイトルとURLをコピーしました