ごちそうシリーズ♬

ごちそうシリーズ♬

放送日記

大好きな山菜のお話です。

今年は桜の開花が思いのほか早かった訳ですが、
天気や気温が低めでは?と不思議な感じです。

これ、山の木々や庭の草木にも言えて居まして、今年は不思議な春でもあります。

春らしいウグイスの鳴き声を聞き、キジ、ヤマドリの姿を早速見かけると「いよいよ春になったのだな!」と気分もアップするわけです。

気温が低い肌寒い日が多いのですが、もう山菜は茂り始めています。

ある程度、何処に何があると言う感じで野山に入りますが、その道中意外な場所に意外な山菜が群生していることもあり、それらがまたまた楽しみでもあるのですが。

大好きな山菜たちの天ぷらです。

最高なのです!

ふきのとうはこれでラスト。
ニューフェイスはクワデそして定番たらの芽。

クワデ、なかなかマイナーな印象ですが結構あります。
とっても美味しい一つですね。

たらの芽は定番中の定番ですが、最近は畑作物も多数出回っており、
それらを食する事が出来るので、半ばもう野菜の仲間入りとも言えますね。

クワデのおひたし。。。美味しくてため息ものです。

山菜を英語にて表現するとHerb(ハーブ)になるわけですが、実際のところハーブと野菜の垣根って、考えた事がありますか?

そもそも野草を畑に移植して変化(および変化させたもの)を野菜と呼ぶようになったという、そんな表現をしている専門家さん達もおります。よって現在、多種多様の山菜や野草、同じく西洋の香味野草なども、畑で生産されていく度合いが高くなれば、それはもう野菜ということなのでしょう。

山菜や野草に興味が沸くと、大自然の中でもいろんな物が目に入るようになってきます。山菜たちはそんな野生への案内人とも言える存在です。

最近、環境破壊などで採れる場所が減ったせいか、山村部へ来られる方々も多くなりました。そこで一つだけお願いがあるのです。

ぶっちゃけ、庭の中まで入って採取される方々も増えてしまいました。それが原因でトラブルになっているケースを目にします。

自然に生えるものでも、きちんと世話をしていて、それを出荷して財源にされている人々には致命的な問題でもあります。

自然のお恵みものなので、寛大な方もいらっしゃるので、是非それらのおうちの方々に一声かけてみて、気持ちよくコミュニケーションされてください。

現実には家の敷地はおろか、山や田んぼも所有者が居るという事なので、是非ひと声をお願いしたく思います。

なーんて難しい事を言っていますが、季節の地物は何を食しても美味しいですよね。

次は何を食べようか?
そろそろワラビも出始めているので、チェック開始かな?


コメント

タイトルとURLをコピーしました